Fedora11でEclipseとCDTの日本語化

Fedora11でCDTの入ったEclipseを使ってC++のプログラムをビルドしてみましたが、英語の専門用語が表示されていると日本語が恋しくなってくるので日本語化を行うことにしました。
日本語化の方法
今回はPleiadesを利用させていただきました。
ダウンロードはこちらです。
http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades.html
All in Oneパッケージの方でなく、Pleiades本体ダウンロードの安定版1.3.0の方をダウンロードしました。
ファイル名はpleiades_1.3.0.zipです。
ダウンロードしたファイルはFedoraのホームフォルダにコピーしました。
ファイルを右クリックして「ここに展開する」を選択するとpleiades_1.3.0フォルダが作成され、その中にファイルが解凍されます。
解凍してできたファイルをEclipseに上書きします。
例えばこのような2つのコマンドで行います。
cp -R /home/UserName/pleiades_1.3.0/features/* /usr/lib/eclipse/features/
cp -R /home/UserName/pleiades_1.3.0/plugins/* /usr/lib/eclipse/plugins/
端末のsuコマンドでroot権限にして行うこととコピー元フォルダのUserNameなどは自分の環境に合わせたものを使うことを忘れないようにしましょう。
最後にRoot権限で設定ファイルに一行設定を追加する必要があります。
gedit /usr/lib/eclipse/eclipse.ini
でEclipseの設定ファイルを開きます。
-Dorg.eclipse.equinox.p2.reconciler.dropins.directory=/usr/share/eclipse/dropinsの次の行に
-javaagent:/usr/lib/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
を一行追加しましょう。
これで日本語化されたEclipseやCDTが堪能できます。

広告

Fedora11にEclipseとCDTのインストール

Fedora11にEclipseとCDTをインストールするとどのようになるのか、Ubuntuにインストールしたあと、気になっていました。
そこで、Fedora11にもEclipseとCDTをインストールしてみることにしました。
もしFedora11をインストールしたばかりでネットにつながらない場合は
次のサイトに書いてある設定が参考になるかもしれません。
http://fedorasolved.org/Members/khaytsus/go-online-automatically-at-boot
私もここでつまずきました。
Fedoraの場合yum installコマンドでパッケージを指定するとダウンロード・インストールをほぼ自動的に行うことができます。
流れ
①端末でsuコマンドを入力。
ルートのパスワードの入力も必要です。
②Eclipseのパッケージのダウンロード・インストールを行うため次のコマンドを入力
yum install eclipse
Fedora用のEclipseバージョン3.4.2がインストールされます。
このコマンドを使うとJDKもついでにインストールされるみたいです。
③CDTのダウンロード・インストールコマンドを入力
yum install eclipse-cdt
これで英語ながらもFedoraでEclipseやCDTを使うことができます。
Ubuntu9.04よりも新しいバージョンが使えるようになったようです。

Eclipse(CDT)でC++ソースを実行する方法

Eclipse(CDT)でC++ソースの入力から実行までの手順を書きます。
なおメニュー等は日本語化プラグインパッケージによる表記をしています。
●EclipseにC++ソースを入力するまで
①Ubuntuのメニュー「アプリケーション」-「プログラミング」-「Eclipse」を選択
②Eclipseのメニュー「ファイル」-「新規」-「プロジェクト」を選択
③新規プロジェクトダイアログで「C++」-「管理MakeC++プロジェクト」を選択「次へ」
スタンダードMakeC++プロジェクトの場合、Makefileを自分で作らなくてはなりません。
④管理MakeC++プロジェクトの画面でプロジェクト名を入力「次へ」
⑤プロジェクトタイプの選択は特に変更する場所がなければ「終了」でOK
⑥画面左側にC/C++プロジェクトが表示されていると思いますのでプロジェクト名で右クリック-「新規」-「ソースファイル」を選択
画面左側にC/C++プロジェクトのペインが表示されていない場合は
Eclipseのメニュー「ウィンドウ」-「ビューの表示」-「C/C++プロジェクト」で表示できます。
⑦ソースファイル名(例:test.cpp)を入力「終了」
⑧中央にソースを入力するテキストエディタが開くのでソースを入力
ソースの例
#include
int main(void)
{
printf(“Hello World”);
return 0;
}
⑨Eclipseのメニュー「ファイル」-「すべて保管」で保存します。
●EclipseでC++ソースをビルドするまで
①Eclipseのメニュー「プロジェクト」-「すべてビルド」でOKです。
「自動的にビルド」にチェックが入っている場合は「すべてビルド」は選択できないようになっています。
●Eclipseでプログラムを実行するには
①ビルドが成功したらEclipseのメニュー「実行」-「構成および実行」を選択
②構成および実行ダイアログ左側で「C/C++ローカルアプリ」をダブルクリック
③プロジェクト名が表示されるので選択
④「プロジェクトの検索」ボタンをクリック
⑤プログラム選択ダイアログでバイナリーを選択し「OK」
⑥実行ボタンを押す
⑦Eclipseのメイン画面下側のコンソールタブを選択するとHello Worldと表示されているのを見ることができます。
いろいろいじっていくとまだまだ新しい機能が見つかりそうです。

EclipseとCDTの日本語化

Ubuntu9.04にインストールしたEclipseとCDTについて日本語化を行いました。
●Eclipseの日本語化
Eclipseを英語版で一度起動してから日本語化を行ったほうが違いがわかって楽しいのかもしれませんが一応ここでやり方を書いておきます。
まずは日本語化プラグインをダウンロード
Eclipse日本語化プラグインのダウンロードサイトはこちら↓
http://archive.eclipse.org/eclipse/downloads/drops/L-3.2.1_Language_Packs-200609210945/index.php

SDK Language PacksのNLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-gtk.zipを使用しました。
ダウンロードが終わったらUbuntuのデスクトップにコピーし、ファイルのアイコンを右クリックすると「ここに展開する」のようなメニューが出てくるのでそれを選択します。
そうすると解凍されeclipseというフォルダを作成し解凍されます。
つぎに端末を開いてこのプラグインファイルをインストール済みeclipseに上書きします。
まずはカレントディレクトリをデスクトップにしたいので
cd デスクトップ
コマンドでカレントディレクトリを移動します。
漢字や全角文字は半角/全角ボタンで切り替えるかCtrl+スペースキーで切り替えられることが多いと思います。
次に2つコマンドを実行します。ひとつずつ行いましょう。
sudo cp -R eclipse/plugins/* /usr/lib/eclipse/plugins/
sudo cp -R eclipse/features/* /usr/lib/eclipse/features/
ここでeclipseのpluginsフォルダとfeaturesフォルダの上書き(マージ)を行っています。
これでEclipseの日本語化は完了です。
続いて同じようにしてCDTの日本語化も行います。
●CDTの日本語化
まずはCDTの日本語化プラグインパッケージをダウンロードします。
ダウンロードサイトはこちら↓
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/tools/cdt/releases/callisto/NL_language_packs/CDT_NL_3.1.1.zip

このファイルもまずデスクトップにコピーします。
右クリックメニューで「ここに展開する」を選択し解凍します。
端末でカレントディレクトリがデスクトップになっていない場合はデスクトップにしましょう
cd デスクトップ
前回と同じように2つコマンドを実行します。
sudo cp -R eclipse/plugins/* /usr/lib/eclipse/plugins/
sudo cp -R eclipse/features/* /usr/lib/eclipse/features/
ここでもeclipseのpluginsフォルダとfeaturesフォルダの上書きを行っています。
うまく上書きできたらCDTの日本語化も完了です。
さっそく日本語化したEclipseやCDTを堪能しましょう。

EclipseとCDTをUbuntu9.04にインストールする方法

EclipseとCDTをUbuntu9.04にインストールする方法を書きます。
●UbuntuにEclipse本体をインストール
「端末」を開いてコマンドで行いました。
コマンドはこちら↓
sudo apt-get install eclipse-sdk
バージョン3.2.2がダウンロード・インストールされました。
JDKもついでにインストールされるようです。
●UbuntuにCDTをインストール
こちらも「端末」でコマンドを入力してインストールしました。
コマンドはこちら↓
sudo apt-get install eclipse-cdt
バージョン3.1.2がダウンロード・インストールされました。
JDK・Eclipse・CDTはコマンドを使わなくてもソフトウェア本体をブラウザでダウンロードできるのですがコマンドを使った方が手軽にインストールできます。

EclipseでC++プログラミングにチャレンジ

オープンソースの統合開発環境であるEclipse。
Java言語で記述されたシステムの開発に用いられることが多いようですが、今日はC言語やC++言語を使った開発ができる環境を整えてみることにしました。
EclipseはJava上で動くソフトなのでJava Runtime Environment(JRE)またはJavaデベロップメントキット(JDK)のインストールが必要です。
Ubuntu9.04でapt-get installコマンドでEclipseをインストールするときはEclipseをインストールするとき、ついでにJDKがインストールされるようです。
C++の開発を行うにはEclipse本体をインストールした次にCDTのインストールも必要です。
Eclipse本体もCDTも日本語化キットを本体と別に入手することができ、それをインストールすることによりメニューやダイアログの表示が日本語化されます。
今日は順を追って簡単なC++サンプルソースを実行するところまで紹介したいと思います。
なおOS環境はVirtualBoxにインストールしたUbuntu9.04を使用しました。

Fedora11のフォルダ共有について

Fedora11をVirtualBox2.2.4にインストール(ホストOS:WindowsVista)したときのフォルダ共有の設定もUbuntuの時と似たような方法でできます。少し違うところもあるので一部書き直してあります。
この方法はフルインストールした自分の環境ではできたのですがインストールオプションの設定によっては他にコマンドが必要になるかもしれません。
まずはVirtualBox GuestAdditionをインストールしましょう。
①Fedora11を起動、ログイン。
②VirtualBoxのメニュー「デバイス」から「Guest Additionのインストール」を選択。
デスクトップにVBOXADDITIONS_2.2.4_47978というCDのアイコンが表示されます。
③Fedoraのメニュー「アプリケーション」-「システムツール」-「端末」を選択
GNOME端末2.26.1という端末エミュレータが起動します。
④コマンド「su」と打ってEnterを押す。
rootのパスワードを求められるので入力しましょう。
これによりroot権限でないと実行できないコマンドが使えるようになります。
⑤コマンド「/media/VBOXADDITIONS_2.2.4_47978/VBoxLinuxAdditions-x86.run」と打ってEnterを押す。
VirtualBoxのバージョンやOS環境によりCDの名前やファイル名は違ってくるのでできればCDアイコンを開いて確認しておきたいです。
⑥うまくいったらexitと繰り返し入力してGNOMEを退出する。
⑦Fedoraの再起動。
Ubuntuの時と同じくGuest Additionを入れることで高解像度の画面が使えたり、ホストOSとゲストOSのマウスカーソルの行き来がスムーズになったり、共有フォルダが使えるようになります。
続いて共有フォルダの設定です。
①ホストOS上に共有に使うフォルダを用意しましょう。
Windows上では共有設定をしなくてもVirtualBoxとゲストOSで設定すれば見ることができます。
②VirtualBoxのメニュー「デバイス」-「共有フォルダ」を選択
③+マークの付いた緑色のフォルダボタンをクリック
④フォルダのパス、フォルダ名(FolderName)を設定。永続化するにチェックを入れる。
フォルダ名は後の設定で使うので覚えるかメモしておきましょう。
⑤「OK」ボタンを2つ押し共有フォルダの設定ダイアログを終える。
⑥Ubuntuに共有フォルダをマウントしたい位置にフォルダを作る。
今回は/homeのユーザー名(UserName)のディレクトリの中にフォルダ(DirName)を作りました。
例 /home/UserName/DirName
Fedora11の場所メニューもUbuntuと似ています。同じようにしてフォルダを作りましょう。
⑦「端末」で「su」コマンドを入力する
今回もrootのパスワードが必要です。
⑧root権限で次のコマンドを入力
mount -t vboxsf FolderName /home/UserName/DirName
FolderNameやUserNameやDirName等は自分の環境に合ったものを入力しましょう。
⑨うまくいったらUbuntuとWindowsでファイルを読み書きをして動作を確認しましょう。
geditでテキストファイルを共有フォルダに保存しようとしてもText file busyというエラーメッセージがでるときは違うソフトでテキストファイルを読み書きすると保存できると思います。
⑩シャットダウンするとこの設定は消えてしまうのでスタートアップ時の起動設定の中に組み込みます
root権限で「gedit /etc/rc.local」と入力しgeditを起動。
⑪最終行に、⑧で入力したコマンドを入力。
mount -t vboxsf FolderName /home/UserName/DirName
⑫保存する。
⑬端末をexitで退出し、Fedoraを再起動し、確認しましょう。
Ubuntuで一度できている人は意外とすんなりできるかもしれません。
これでFedoraをばりばり使うことができそうです。

Fedora11をVirtualBoxにインストール

Fedora11が6月9日(米国時間)から公開されました。
Fedoraも有名なディストリビューションで、米Red Hatが支援しています。
UbuntuもFedoraも半年に一度ぐらい大きなバージョンアップが行われます。
早速VirtualBoxにインストールしました。
Fedoraのダウンロードはこちらから
http://fedoraproject.org/ja/get-fedora-all
ISOイメージをDVD-Rに焼き付けてインストールしました。
インストールは比較的簡単でした。
インストール後の起動画面はUbuntuと比べて青くて堅そうな画面でした。
自宅サーバー用には堅そうで良さそうです。
メニューの構成とかディストリビューションが違っていても基本は一緒かもしれません。
ひとつ好きなディストリビューションを極め、ちょっと他へ寄り道をするというのがオールラウンドLinuxユーザーへの道なのかもしれません。
Linuxのインストールマニアへの一歩を踏み出したかもしれない私でした。

Ubuntuのフォルダ共有について

VirtualBox2.2.4にUbuntu9.04をインストールしたもののホストOS(Windows Vista)とファイルのやりとりができたほうが使いやすいと思いフォルダ共有にチャレンジしました。
まずはVirtualBox GuestAdditionをインストール
①Ubuntuを起動。
②VirtualBoxのメニュー「デバイス」から「Guest Additionのインストール」を選択。
デスクトップにVBOXADDITIONS_2.2.4_47978というCDのアイコンが表示されます。
③Ubuntuのメニュー「アプリケーション」-「アクセサリ」-「端末」を選択
テキストエディタみたいなコマンドを入力する画面がでてきます。
④コマンド「sudo /media/cdrom0/VBoxLinuxAdditions-x86.run」と打ってEnterを押す。
パスワードを求められたら入力しましょう。
環境によりファイル名は違ってくるのでできればCDアイコンを開いて確認しておきたいです。
⑤うまくいったらexitと入力して退出する。
⑥Ubuntuの再起動。
Guest Additionを入れることで大きな画面が使えたり、ホストOSとゲストOSのマウスカーソルの行き来がスムーズになったり、共有フォルダが使えるようになります。
続いて共有フォルダの設定です。
①ホストOS上に共有に使うフォルダを用意しましょう。
Windows上では共有設定をしなくてもVirtualBoxとゲストOSで設定すれば見ることができます。
②VirtualBoxのメニュー「デバイス」-「共有フォルダ」を選択
③+マークの付いた緑色のフォルダボタンをクリック
④フォルダのパス、フォルダ名(FolderName)を設定。永続化するにチェックを入れる。
フォルダ名は後の設定で使うので覚えるかメモしておきましょう。
⑤「OK」ボタンを2つ押し共有フォルダの設定ダイアログを終える。
⑥Ubuntuに共有フォルダをマウントしたい位置にフォルダを作る。
今回は/homeのユーザー名(UserName)のディレクトリの中にフォルダ(DirName)を作りました。
例 /home/UserName/DirName
Ubuntuの場所メニューを開くといろんなフォルダにつながるメニューが用意されているのでいろいろ押してみると良いでしょう。Windowsとは違うことがわかります。
フォルダを作るときはファイル・ブラウザの場合、Windowsのエクスプローラと似たような感じでフォルダを作ることができます。
⑦Ubuntuの「端末」で次のコマンドを入力する
「sudo mount -t vboxsf FolderName /home/UserName/DirName」
FolderNameやUserNameやDirName等は自分の環境に合ったものを入力しましょう。
パスワードを聞かれたら答えましょう。
⑧うまくいったらUbuntuとWindowsでファイルを読み書きをして動作を確認しましょう。
geditでテキストファイルを共有フォルダに保存しようとしてもText file busyというエラーメッセージがでるときは違うソフトでテキストファイルを読み書きすると保存できると思います。
⑨シャットダウンするとこの設定は消えてしまうのでスタートアップ時の起動設定の中に組み込みます
端末で「sudo gedit /etc/rc.local」と入力しgeditを起動。
⑩exit 0の直前の行に、⑦で入力したコマンドのうちmountから入力。
例:
# By~
mount -t vboxsf FolderName /home/UserName/DirName
exit 0
⑪保存する。
⑫端末をexitで退出し、Ubuntuを再起動し、確認しましょう。
ただ全部一度でうまくいくことは少ないです。ねばり強く取り組みましょう。
これでUbuntuをばりばり使うことができそうです。

Ubuntu9.04をVirtualBox2.2.4にインストール

UbuntuをVirtualBoxにインストールして使うことにしました。
Ubuntuの最新バージョンは9.04です。
ダウンロードはこちら↓
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download
VirtualBoxの最新バージョンは2.2.4です。
ダウンロードはこちら↓
http://dlc.sun.com/virtualbox/vboxdownload.html

WindowsVistaにVirtualBoxをインストールしてから仮想ハードディスクを新規に作成し、その中にUbuntuをインストールしました。
VirtualBoxをインストールするときはWindowsのユーザー名が全角の場合、テンポラリーフォルダが作れないような意味のエラーメッセージが表示されることがあるので、半角英数字のユーザー名のアカウントを作ってインストールしましょう。
Ubuntu9.04はVirtualBox用の仮想HDDイメージをダウンロードしようとしても見つからなかったので、インストールCDのISOイメージをマウントし、インストールしました。
その他、インストールの過程で特に難しいところはありませんでした。
バージョン8.04からインストールしたことがあったのですが、だんだん直感で使えるよう練られているような感じがします。
これからLinuxについていろいろ書いていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。