EclipseでC++プログラミングにチャレンジ

オープンソースの統合開発環境であるEclipse。
Java言語で記述されたシステムの開発に用いられることが多いようですが、今日はC言語やC++言語を使った開発ができる環境を整えてみることにしました。
EclipseはJava上で動くソフトなのでJava Runtime Environment(JRE)またはJavaデベロップメントキット(JDK)のインストールが必要です。
Ubuntu9.04でapt-get installコマンドでEclipseをインストールするときはEclipseをインストールするとき、ついでにJDKがインストールされるようです。
C++の開発を行うにはEclipse本体をインストールした次にCDTのインストールも必要です。
Eclipse本体もCDTも日本語化キットを本体と別に入手することができ、それをインストールすることによりメニューやダイアログの表示が日本語化されます。
今日は順を追って簡単なC++サンプルソースを実行するところまで紹介したいと思います。
なおOS環境はVirtualBoxにインストールしたUbuntu9.04を使用しました。

広告